一般歯科・小児歯科・矯正歯科・小児予防歯科

野々山歯科医院 NONOTAMA DENTAL CLINIC

〒470-0162 愛知県愛知郡東郷町大字春木字上正葉廻間13-1 0561-38-5158 名二環植田IC車で15分/鶴舞線赤池駅タクシー15分
診療方針当院ご案内診療体制(院内)診療体制(院外)交通アクセスHOME

診療体制(院内)

小児歯科

ゆっくり慣れてから診療

いやいやしています 少し慣れてきました 衛生士さんに磨かせてくれました

定期管理の子供 毎月500名以上

実績 12歳で虫歯0(ゼロ) 95%以上

初期虫歯は治る

食生活の改善(食べ方指導)・プラークコントロール・フッ素で改善
虫歯の最初は?
  • 予防するためには虫歯の最初を考える
  • 初期の虫歯は治る(再石灰化)
  • 食生活の改善・プラークコントロール・フッ素の利用
初診。保健所で虫歯4本と言われビックリ3歳 甘いものを控えフッ素の洗口、母の歯磨き4歳 虫歯が小さくなって、咀嚼訓練で顎が成長し歯が開いて来た5歳 下に大人の歯が生えてきた元気です。6歳
症例:リスクを見つけて改善
食生活改善・フッ素の洗口・母の歯磨き・咀嚼訓練にて改善した例
この2年間でSMミュータンス菌が減っています。
LB甘いもの菌も減っています。
唾液量は増え、唾液の予防する力は増加しています。
この口腔環境なら安全です。
虫歯のレーザー検査
定期的に通っている子供さんは全員します
歯を綺麗にします レーザーで検査します。 30以上の数値だと要注意
摂食リハビリ歯科
最近、食べ方がおかしい子供さんがいます。離乳期から食べ方のトレーニングをします。
当院で食事の状況を見させていただきます。
食事の指導:離乳期・一歳頃から必要
こんな子は要注意:口から食べ物がこぼれる・くちゃくちゃ音を立てて食べる・硬いものが嫌い

障害者(児)歯科

障害者歯科としての歩み

平成6年10月より「わらび福祉園」
通所授産施設の保健指導開始(30人)
平成7年4月より「さわらび園」
通園療育施設保健指導開始(30人)
平成9年6月より町立の通所授産施設の保健指導開始
(地区歯科医師会の事業として)
23年に渡り
障害者施設での
歯科診療を継続中
院内では、月120名の診療をしています。

障害者(児)の1ヶ月の来院数(毎年5月実績)

10年以上に渡りメンテナンス患者50名以上
障害者(児)歯科診療には、患者様と心が通わないと困難が伴います。
当院では長年の経験と心を開いて患者様と向き合う診療で、患者様・ご家族との信頼関係を構築しています。
現在では、遠い他府県から通われる患者様も多数いらっしゃいます。

コミュニケーションブラッシング

平成6年より知的障害者(児)に対して母親の寝かせ磨きをすすめる。
リラックスが大事 優しく磨いてあげてね
リラックス状態でやさしく磨いて6ヶ月後、子どもが喜んでブラッシングして欲しがり、子どもとの会話の時間になる。
3つの褒め言葉を使う
「すごいね!」「よかったねえ!」「がんばってるねえ!」